So-net無料ブログ作成
検索選択

【産後だけじゃない】脱!負のループ!のための3ステップ [産後のココロ]

こんにちは
一般社団法人体力メンテナンス協会認定
・産後指導士
・体力指導士
・バランスボールインストラクター
@岡崎、幸田、豊田
ママイル スタッフ
UCOです。

今日のお話は産後だけでなく、これからの人生においても非常に大事なお話です。


スポンサーサイト






客観視と気づき


前回の記事で無意識のテーマ「被害者意識」のお話をしました。
産後のママは自分ばっかり大変で、誰も自分の大変さを分かってくれない!という感情を持ちやすいという内容だったのですが、

この無意識のテーマから脱出するため、無意識のテーマを持たないために出来ること。
それが客観視と気づきです。

自分がどういう状態にあるのか。
色々な悩みやストレスの思考にはまると、グルグルと感情や考えが渦巻き、今自分がどういう状態にあるのか気が付きにくくなります。

まずその状態を脱するために客観視する練習をしましょう。

①どうして自分は旦那さんに冷たくしてしまうのか
②扉をバンって締めたり、お皿をガチャンッと置いたり、何でこうも無性にイライラするのか。
③お姑さんに言われた一言でこんなにモヤモヤするのは何なのか。

これを深呼吸して、一歩引いて客観的に見てみると、

①旦那さんに対してはこれが無意識のテーマか!と気づく。
②イライラは生理前だからか!と気づく。
③お姑さんに対しては自分の気持ちを上手に伝えられてないのかな。と気づく。
これが脱出への第一歩です。


ちょっと掘り下げて考える癖


どんなことでも気が付かないと変わることはできません。
気づくというのは時に残酷で辛いこともありますが、気づかない事には自分を変えることはできないのです。

気づいたらその次のステップとして「ちょっと掘り下げて考える癖」をつけましょう。

①旦那さんに冷たくしてしまうのはなんでだろう。
旦那さんにどうして欲しい?仕事?遊び?生活態度?育児?家事?
②イライラしている原因は何かな?
ホルモン?環境?コミュニケーション不足?人間関係?
③お姑さんに対するモヤモヤは何?
言い方?内容?手法?考え方?

出来るだけ具体的に掘り下げられるといいですね。


掘り下げる方法


・言葉に出す/書き出す
言葉には思考を整理し、道筋を付け、気持ちを安定させる役割があります。
話す相手はママ友でも家族でもなんなら犬や猫でもOK。
頭の中でグルグルしているのは、解決や方向転換の糸口が見つけにくいので、考えていることを言葉に出してみましょう。

話すことが苦手な人や、誰に話していいのか分からない場合は書き出してみて下さい。文字になるとより客観的にとらえることが出来ます。


スポンサーサイト






掘り下げた内容は是非伝えましょう


①旦那さんに伝えるときは「男性は気持ちを察するという事は出来ない」という前提を忘れずに、感情に振り回されることなく、極めて冷静に、そして理路整然と自分が困っていること、助けて欲しい事、どうしたら助けになるか、どう考えて欲しいかなどを伝えます。

②ごめん今ホルモンバランスが悪いからイライラしててさ。とか、ちょっと母と喧嘩しちゃってイライラしてるけど、パパのせいじゃないからね。とかちょっと説明するだけで、周りの理解が得られ、イライラが生む殺伐とした空気も和らぎます。

そして一方的に伝えるばかりではなく、そのことについてどう思うか。相手も困っていることはないか、どうして欲しいと思っているのか必ず相手の気持ちも聞いて下さい


聞くコツ


・正しく聞く事
途中で口を挟んだり、勝手な解釈をいれない。

・先入観なく聞く
どうせ○○と思ってるんでしょという先入観は捨てて、素直に言葉を受け入れる。

・繰り返す
「そうですか。お母さんは○○と思ってるんですね。(オウム返しでOK)」

・整理して話す。
「つまりパパが言いたいのは○○の事は××にして、▲▲の件は◆◆のほうがいいってことね。」

今日のテーマの
客観視、掘り下げる癖、コミュニケーション能力

この3ステップは1日で身につくものではありません。
しかし、まずはこの3ステップを「知っている」

ただそれだけでも、負のループから抜け出す糸口になります。

私は産後ケアを学び、この流れの重要性を肌身で感じていますが、私の中には産後9年を経た今でも根強く根深い「被害者意識」があり、時々「無意識のテーマ」にセットオンされていることがあります。

この3ステップを知ってからは、ずいぶんそこから抜け出すまでの時間が短くなったし、伝えるのも上手になりました。

聞く事も意識してするようになると、忙しさにかまけて話すことを面倒だと感じていた夫との関係が劇的に改善しました。

自分が聞いて欲しい、分かって欲しいと思っているのと同じで、相手にもそういう気持ちがあるということ。
そしてお互いの考えや気持ちを知ること、それが理解や共感につながり、本当の意味で支え合っていくことが出来るようになっていくんだろうな。

とトライ&エラーを繰り返しながら3ステップを実践している私が最近強く感じることです。
HNCK8248.jpg


スポンサーサイト





nice!(0)  コメント(0) 

nice! 0

コメント 0