So-net無料ブログ作成
検索選択

【産後クライシス】夫婦の愛着も深めちゃおう! [産後クライシス]

こんにちは!
一般社団法人体力メンテナンス協会認定
・産後指導士
・体力指導士
・バランスボールインストラクター
@岡崎、幸田、豊田
ママイル スタッフ
UCOです。

対策を打つその前に


まず大前提として心得て頂きたいことは
産後クライシスは2人で乗り越える事です。

この問題はどちらかがどう悪いという問題ではありません。

赤ちゃんが生まれ、家族の形が変わる時、お互いの立場もまた変わり、お互いに心地のいい関係を作っている最中だという事がとても大事です。

作っている最中だからうまく行かないこともあります。
軌道修正を繰り返しながら、居心地のいい場所を作っていかなければならないのですが、

家族が増え、ママは育児に奔走し、頭は子どもの事で一杯で常に疲れています。

パパも今まで通りのお仕事に加え、お家ではパパとしてのお仕事も増えて大変です。

そうなると、夫婦の会話はどうなっていますか?
子どもがらみの事ばかり。
それ以外は業務連絡のみ。

ママ自身の話。
パパ自身の話。
出来ていますか?

いつもなら優しく言えることを冷たく言い放ってしまったり。
お願いが命令になってたりしませんか?


ママへ パパの気持ち


産後はコミュニケーション能力が低下します。
産後クライシス回避改善のカギはコミュニケーションにあります。

前回のこちらの会話
ママ「ねー聞いてー!今日○○ちゃんが3回もウンチ漏れちゃって大変でさー。着替えさせたら今度は吐き戻してさー、私も着替えなきゃいけなくて洗濯物の量が凄いんだけど。あ!そうだそうだ!見てこの写真超かわいくない?この角度とかもう何回見ても可愛いすぎるー!あっ!この写真LINEで送ってあげるね」

パパ「そんな何回も漏らすなんて下痢じゃないの?病院行った方がいいんじゃない」

この会話でママがパパに伝えたかったのは
・今日の大変だったこと
・今日の共有したいこと
この2つ。

でもパパはそこはスルーで、子どもの事が心配。

ここで会話は終わってしまっていますが、産後クライシス回避にはもう一歩踏み込みたいです。

「体調は大丈夫だよ!いつもの事だからね!私が言いたかったのは今日も大変だったなーってことと子どもが今日も可愛いかったよってこと。パパも今日もお疲れ様!私にもお疲れさまって言って!」

ここまで言うと、パパも「そうか大変だったね、お疲れ様」と言ってくれるでしょう。

そこまで言わないといけないの?と思ったあなた!

これは女性脳のクセかもしれませんが、「何も言わなくても悟ってよ!気づいてよ!言われなくてもやってよ!」って無意識に思っていませんか?

残念ながら、男性は女性ほど「悟る」ことが得意ではありません

育児においてパパは「新人アルバイトだと思え」という例えがあります。
育児はママも新人だけど、日常的にかかわる時間も、知識も、子どもの様子もパパとはどんどん情報量、経験量ともに差が出てきます。

なので、ちょっと先輩であるママが
具体的に 手取り足取り 褒めながら
やり方を伝えてあげるとパパも快く引き受けてくれるでしょう。

コミュニケーションもしかり。
具体的にどう言って欲しいのか
最初は言わせてるみたいで、不本意かもしれないけど、
こう言って欲しいと伝えて下さい。

そして少なからず、
ママが子どもに手が一杯で構ってくれないと拗ねているパパ、
今までのように話すこともスキンシップもおざなりになって寂しい思いをしているパパがいることも知ってください。


パパへ ママの気持ち


女性の話の大半は「ただ言いたいだけ」です。
そしてパパに言ってもらいたいことは「相談の答え」ではなく、

共感ねぎらいの言葉です。

ママ「3回もウンチ漏れちゃって大変でさー。今度は吐き戻してさー、私も着替えなきゃいけなくて洗濯物の量が凄いんだけど」
パパ「そうなんだー何回も着替えて大変だったね。今日もお疲れ様」(ねぎらい)
ママ「見てこの写真超かわいくない?この角度とかもう何回見ても可愛いすぎるー!」
パパ「ホントだ可愛い!これはヤバいね!」(共感)

そして、「ママを手伝う」というスタンスではなく、協働保育者として、ママからの教えを受け主体的に行動してもらえたら最高です。

「ママウンチ出たみたいだよー!」が
「今ウンチ出たから変えといたよ」になると

「パパありがとう!超助かるー!!」
となりますよね。

前々回話したようにオキシトシンは攻撃性、妬みを増幅させる一面がありますが、もともとは「愛情ホルモン」です。

こういったお互いを思いやる気持ち、いい関係を築くためのコミュニケーションは「愛情ホルモン」が多く分泌されているこの時期、夫婦の愛着を深めることにも繋がります。

この時期のすれ違いはうやむやにせず、意識して歩み寄る、思いやる、コミュニケーションを密に取ることが、これから先長い夫婦生活の基盤になることは間違いありません。

なかなかうまく伝えられなかったり、
素直に聞き入れられなかったりということもあると思います。
でも自分の気持ちをちょっと掘り下げて考える。
言葉にして伝える。
だんだん上手になります。

夫婦関係もトライ&エラーでやっていきましょう!
HNCK2504.jpg
nice!(0)  コメント(0) 

nice! 0

コメント 0